ADHD&PMDD blog

アラサーで1児のママ。ADHDとPMDD。前向きに豊かに生きていく。

世帯年収400万円のリアル生活事情

f:id:adhdpmdd:20201230083157j:plain

コロナ渦で旦那の年収が100万円も激減。

今まで世帯年収500万円だったのが今年は400万円に減ってしまいました。

 

大阪府の田舎在住。夫婦2人で子供はいません。
私は扶養内パートで年収100万円です。

 

年収400万円の生活はどんなものか紹介します。

 

 

スーパーでお刺身、お寿司に手を出せない

スーパーではお寿司とお刺身は高級品です。
特別な日以外買うことはありません。
夕方に値引きされていてもまだ高く感じます。

 

 

国産牛肉は幻の高級品

国産牛肉は買うことは絶対にあり得ません!
実家に行ってお正月とかに食べるくらいですね。
アメリカ産の牛肉が100g98円の時だけ買います。
普段食べるお肉は100g100円以下のものしか食べないので、
豚コマ肉やささみ、鶏ももが多いです。

 

 

外食は滅多に行かない

年収500万円だった去年の外食は月2,3回でした。
しかし今年は3ヵ月に1回いくかどうかです。
最初はガッカリだったけど、一度外食にいかなくなると慣れるものです。
焼き肉屋も高いから行かなくなり、家で豚肉を焼いて焼き肉パーティごっこをしました。思ったより食べれなくて健康的でした。

 

たまにいく贅沢な外食はくら寿司かはま寿司

独身時代は大起水産が高級すしだと思っていました。
でも外食に行けなくなり、スーパーでお寿司を食べれなくなった今、
たまにいくくら寿司とはま寿司が眩しいです。
くら寿司のトロ1貫食べている時が至福。
会計は2人で3000円代。

 

旦那の昼ごはんは手作りお弁当と水筒

今年から旦那のお昼ご飯はお弁当にしました。
食費が浮いた代わりに趣味で使えるお金が増え大喜びです。

 

 

食費を月4万円→3万円にした

食べる量が減りました。しかしこれはダイエットにもなり良い事です。
世帯年収が500万円に戻っても食費は変えないでしょう。
余った分は貯金に回します。

 

日用品と食品はプライベートブランドで安く済ませる

プライベートブランドがある商品は全部プライベートブランドにするくらい買っています。
メーカーより安いからです。
プライベートブランドによるのですが、私の普段買っている所は安くて美味しいです。
正直、メーカーと変わらないレベルです。

 

今年旅行には行っていない

コロナ渦もあり今年は一泊する旅行には行ってません。
コロナ渦じゃなくても年収が100万円も下がったので、
家計が厳しいので1泊に旅行自体無理ですね。
コロナが落ち着いた時期に車で1時間の距離で日帰り温泉にいってきました。
温泉代も800円位するし高いですね。そういう時は外食をせずに家に帰ってご飯を作りました。

 

服はしまむらかハニーズで調達

靴下やタンクトップなどの肌着はしまむらで、ハニーズでは普段着を買います。
服は流行よりできるだけシンプルで長持ちできそうなものを買います。
たまにGUでも買いますね。ユニクロには行かなくなりました。
着ている服が劣化しないと買わないので買う頻度は半年に2着くらいです。
いいんです、痩せたら何でも似合うと思ってダイエットに励めばいいのですから。

 

 

アパートの家賃に一番圧迫されている

現在住んでいるアパートの家賃が一番家計を圧迫していて月9万円です。
3年以上住んでいて最初は6万円代だったのに契約更新ごとに急激に値上がりしました。
これ以上値上がりしたらもう生活できません。来年に退去計画中です。

 

 

趣味にお金を使わなくなった

私の趣味は台湾茶やハーブティを通販で買って飲むことです。
台湾茶とハーブティは高いので買わなくなりました。
今はスーパーで買った緑茶かコーヒーを飲んでいます。

 

Amazonプライムビデオに入るのに躊躇

たったの月額500円(2020年現在)なのに入るのに躊躇してしまいます。
呪術回戦みたいです!
でも月額500円払うのはしんどいので、2シーズン終わってから
入会して一気に観ようと思います。
今までamazonプライムは1ヵ月だけ入って解約し、入って解約しの繰り返しでした。

 

 

子供を産む経済的な余裕がないので保留中

子供が1人欲しいというのが希望です。
しかし2人だけの生活で精一杯です。
私もパートを辞めるともう生活が破綻するでしょう。
子供ができたら今の仕事を体調で続けられるかわからないし、
もし辞めてしまった場合貯金を崩して生活することになるでしょう。
子供にはお金に不自由させたくないのです。

 

以上

 

日本の平均世帯年収は約550万円と言われています。
その平均に比べ我が家は150万円低い状態になります。

もし私が仕事を辞め世帯年収が300万円になれば
今のアパートは即退去で外食には一切行かなくなり食費も2万円になるでしょう。
まだ生活できるかもしれません。

さらに世帯年収が200万円になればもう生活できないかもしれません。

今回のコロナ渦で年収が激減したけど、
もしこれから年収が上がる時、今と同じ生活水準でいればたくさん貯金できます。

そのための一時的な試練じゃないかと思っています。
物事は考えようです。
このコロナ渦での給料減額は後のお金の使い方を学ぶいい機会だったのではないかと思います。
家計簿も今年初めてつけたし、それによって家計を毎月黒字化できています。
貯金もできています。

来年は年収が上がっていることを願いつつ、節約もしっかりと行い、
家計の黒字化を続けます。