フルタイムワーママへの道を進む

1歳半の子どもを育てながらフルタイムで働いています。

 本サイトはプロモーションが含まれています

7月の振り返り【職業訓練2ヵ月目】

職業訓練に通って2ヵ月が経ちました。

adhdpmdd.hatenadiary.jp

 

就職するまでに毎月目標を立てることにし、

月末に振り返り、このブログに残していきます。

 

就職するまでおおまかに立てた目標。

adhdpmdd.hatenadiary.jp

 

7月の目標を振り返ります。

 

7月の目標

作りたいポートフォリオを明確にする

  • 広告バナーは2枚完成。目標は5枚で達成できず
  • グラフィックデザイナー時代のポートフォリオの手直し完了
  • ポートフォリオサイトをどこのサイトにするか決まらなかった

デザインスキルを上げる

  • 過去のグラフィックデザインポートフォリオを改良
  • 広告バナー2枚完成
  • フォントの知識が必要だと感じ、ネットで調べて幅広く調べた
  • フォントの種類をインプットした
  • AdobeFontでお気に入りのフォントをインストール
  • colorhuntでお洒落な色の組み合わせを保存し、効率的に色を決めれた
    今まで配色を決めるのに時間がかかってたけど解決
  • ACイラスト以外にイラストサイトを使ってみた

 

自己PRを完成

職務経歴書に書く自己PRを毎週日曜日に読んで改良させ、無事完成。
最初の頃に比べたら説得力のあるいい文章になった。

 

毎週土曜日に授業の復習をする

vscodeというソフトにHTMLとCSSを打ってみたけど時間がかかる。

なので時間ないときはテキスト読むしかできなかった。

全く何もできなかったよりマシかな。

 

HTMLとCSSをマスターする

授業でwebサイトを模写した。

内容は8割理解できたから十分。

ショートカットキーを覚えて効率的にできた。

 

ブログ週1回投稿

家でブログを書くとなると子供が寝てる時にしかできないので、

毎週投稿は厳しかった。

でもこれからはカフェで大まかに記事を書くことにしたから毎週できそう。

また、アイキャッチ画像まで作ってブログを書く余裕が無くなった。

50枚以上も作ったし、しばらくはポートフォリオに載せる広告バナー作成に注力することにした。

SEO対策も勉強したかったけど今の所、時間の確保が難しい。

また電車乗っているときに本で学ぶ。

 

読書する

読書は超満足。

AmazonのkindleUnlimitedに入ってるから、電車で読み放題!

この時間が1番最高かもしれない。

付箋で印して、読了したらその印つけた所をまとめる。

それも移動時間内で完結。

平日は1日1時間読んでるかな。

読んだ本は、仕事の時間効率、メモの活用法、コミュニケーション術、心理学、旅行雑誌、家電の雑誌など。

 

家事効率化

  • ロボット掃除機を購入。
    床掃除をほとんどしなくなり、床は常に綺麗を維持できている。
  • 食洗機を購入。つい数日前に使い始めたばかりなので様子見。
    食器洗いして拭いてなおすまでに1日合計20分かかったけど、食洗機を使うことで合計5 分で済むと予想。
  • 哺乳瓶のお湯を休日は一度に沸かして、魔法瓶に入れるようにした。
  • お風呂の洗剤を変えた。
    お風呂をスポンジでこすらずにスプレーだけで汚れがある程度落ち、時短成功。
  • お風呂のカビを発生させないように防カビ君を使った。
  • 夫も家事に協力。
    休日の日に玄関をほうきで掃いたり、子供の保育園の送迎したり、無理のない範囲で家事を頼めた。
  • 夫に家事の流れを教えた。
    「1日の家事の流れがわからないから何をすればいいかわからない」と聞いたので、家事の流れを書いた紙を渡しました。
    (平日と休日に分けて書いた)
    お互い家事の流れを知ることが大事なのに気づいた。

 

7月末に振り返りする

振り返りする場所が無かった。

家で子供が寝ているときはIllustratorで制作とブログ更新で限界なので不可能。

電車でも学校でも落ち着いてできなかった。

昼休憩に公園でしようとしたら暑すぎるとの人が多いからできなかった。

結局、深夜のたまたま目が覚めた時間にしたけど、

これからは昼休憩にカフェですることにした。

 

8月の目標に向けて

全部、100%達成できていないけど、7~8割達成できれば合格ということにしています。

なぜ達成できなかったのか、

次はどうしたら達成できるか、

をしっかりと考えて答えを出して即実行すればOK!

来月はさらに時間と心にゆとりを持っていけるようにしたいですね。